21seikinoshikouhouのブログ

『21世紀の思考法』を紹介します。
21世紀の思考法とは
自分を知る(自分探し)、エネルギーの出し方を知る、21世紀を知る、思考の基礎を理解する、思考の応用を理解する、思考の超応用を理解することによって、目標達成思考をマスターするというものです。皆様の人生のお役に立てますので、よろしくお願いします。

 記憶と思考の関係 学校教育の問題

こんにちは!みんなのミカタ、味方良太郎(みかたりょうたろう)です。


私は「思考」「思考法」「21世紀の思考法」「人間のエネルギー」

 「本当の自分」「21世紀の成功法」「目標達成」を中心に研究して、 

人生に希望が持てない人、将来に不安を抱えている人、

悩んでいる人、 本当の自分を探している人、自分の夢を探している人、

元気が出ない人、 モチベーションが上がらない人、楽しい人生を送りたい人、

 成功したい人、目標を達成したい人などを指導している者です。


 皆様には素敵な思考法を身に着けてもらって素敵な人生を送ってもらい、

 素晴らしい未来、素晴らしい日本、素晴らしい世界を

一緒に築いて いけたら、嬉しいと思っております。


 さて、本日は記憶と思考の関係を説明したいと思います。 


前回までに幼児の『どうして?』=思考の始まり、

のメカニズムを説明 しましたが、考えるプロセスは子供

から大人まで同じです。 

①記憶

②記憶では理解できないことと出会う 

③『なぜ?どうして?なんでだろう?』
と思考が始まる と、言う事です。 

 つまり、記憶がないと思考は存在しません。 

前回も言いましたが、良く学校教育を批判して、 

『今の学校教育は暗記や知識重視で、

考えることを教えていないから、 

自分で考える力が生まれないんだ。とか、

若い人は良く考えないんだ。』 という人が沢山おります。 


しかし、上記でも説明しましたが、記憶や知識がない限り、

 思考はできません。 記憶や知識があるから、思考ができるのです。

 例えば、学生たちに「本能寺の変はなぜ起こったのか?」 

という試験をだしたとします。 

この場合、考えさせる試験のような気がしますが、

 中心は記憶と知識の試験です。

 まず「本能寺の変」を知らなければ、答えることが出来ない問題です。

 「本能寺の変」という学校で習った記憶や知識が無ければ、

 何も答えることが出来ません。

つまり、思考はスタートしません。 

それでは、試験内容をこのように変えてみます。

 「本能寺の変で、織田信長はなぜ、重臣の明智光秀に殺されたのか?」

 という質問にします。 

これで、やっと、「本能寺の変、というものが、織田信長が、

重臣の 明智光秀に殺された事件」だという知識問題ではなくなります。

 しかし、まだまだ情報が足りません。 

織田信長がどういう存在だったのか? 

織田信長がどういう性格だったのか? 

明智光秀がどういう存在だったのか?

 織田信長と明智光秀の関係と待遇はどうだったのか?

 時代背景 織田信長の目的 明智一族のこと

 http://news.livedoor.com/article/detail/9201074/(明智光秀の真相) 

などなど、この問題を答えるための情報・知識が足りません。 

情報や知識が足りなくても、

『なぜ?織田信長は殺されたんだろう? 

しかも、自分の部下である明智光秀に』と考えることは可能です。 

しかし、情報や知識がないと、的を得た回答ができません 

情報が少ないと回答数は無限になります。 

それを尊重した教育なら、それはそれで素晴らしいでしょう! 

(生徒全員が違う回答を認める教育がアメリカで始まっています)

 次に試験内容をこのように変えてみます。 

学生たちに映像で「本能寺の変」が起きるまでの経緯を見てもらいます。

 映像には「本能寺の変」が起こったことが理解できる

情報が すべて入っています。 

学生たちの間には、記憶や情報や知識の面での差は

一切ない状態にします。 

映像では、明智光秀が織田信長に多くの

難題を与えられたり、侮辱されたり、 殴られたり、

恐怖を与えられたりする場面が沢山でてきます。

 映像を見た後に、 「本能寺の変で、織田信長はなぜ、

重臣の明智光秀に殺されたのか?」 という質問を学生に出します。

 回答はほぼ、先生が予想ができる同じ内容になります。

 同じような回答の中でも、厚みのある回答を出す者がいます。 

 それはなぜか? 厚みのある回答には、

ほかの学生よりも多くの知識や経験、情報を 

記憶している者が、映像での情報+自分の中の情報を

組み合わせた考えが 回答に反映されているからです。 

 当然、回答得点は高くなります。 


 本日の内容をまとめます。 


純粋に考えるだけの問題というものはなく、

必ず、 情報、知識、経験、記憶があったあとに

考える作業が始まる ということです。 

また、情報量、知識量、経験数、記憶の量が多いければ

多いほど、 しっかりした、厚みのある考え(思考)

ができるということです。 


 長くなりましたので、続きはまた明日よろしくお願いします。


 今回の内容に何かコメントがある方や、 

質問がある方がいましたら、お待ちしております。


 思考があなたの未来と世界を作ります! 


本日もご拝読ありがとうございました! 味方良太郎でした!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。